カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

伊賀について by Takashi Morimoto

地域の特徴 (酒蔵の土地・・・伊賀の紹介)

伊賀は“能”の発祥の地で、俳聖 松尾芭蕉の生誕地。

そして、何より、忍者で世界的に有名です。

伊賀は周囲を山に囲まれ、清らかな水と良質な酒米に恵まれ、美酒を醸すのに最高です。

なんと、琵琶湖は昔、伊賀にあったのです!! 

だんだん北上していき、現在は、滋賀県に琵琶湖があります。

だから伊賀の土は古琵琶湖の湖底の土壌で、砂地と粘土地がミルフィーユ状になっているのです。

昼間と夜間の寒暖差、夏と冬の寒暖差が大きく、野菜は生のままかじると甘い。

例えば白菜は、ジューシーな糖分を体の中に蓄えるのです。

米は昼間にしっかり光合成して、夜はぐっすり胚乳(米粒になる部分)に栄養(純良なデンプン)をたっぷり蓄えて、実ったころにはポンポチコンに実の脹らみのある米粒になるのです。

そして、いい水を吸って、柔らかで、純粋ピュアーな旨味を感じる酒米が育つ土地なんです。

伊賀の農家は「“山田錦”は昔から伊賀にあったんや。」と言っています。 

…このお百姓さんの言ってる“山田錦”とは、“山田穂”の事だと思います。(編集部注(^^))

でも、伊賀の農家は、その米は山田錦なんだ、と思い込んでいます。 

元々、神宮の土地、宇治山田に実っていた背の高い酒米。

その地名から「山田穂」と名づけられたと言われています。

神宮のお膝元で見つかり、お神酒用に栽培されていた優秀な酒米。

ロマンがありますね。

伊賀の土地柄は酒米に向いていたから、お百姓さんは伊賀で山田穂を内緒で熱心に栽培し、 その米をうまく手に入れた忍者が、忍術で密造酒でも造っていたのでしょうか?

忍者情報網で、お代官が来ると、忍術で飲み干して。。。?

それを誤魔化すために忍者は、役者に成り切って、田楽・猿楽(能の原型)などを舞っていたのか?

ということは、昔、芸能人は忍者なんかいな?

・・・その美味しいお酒を飲みながら、娯楽をやっていたのが能になったのか?

…考えを思い巡らせると楽しいですね。

ある日、兵庫のお百姓さんが、お伊勢さんにお参りに来た時、この米(山田穂)の優れてることを見抜き、 帰り道、滋賀県で「渡舟」の背の低いやつ(短稈渡舟)をみつけて持ち帰り、 交配させて生まれた子供が「山田錦」なのです。

伊賀は、実は、 サッカーも盛んで、2002年日本・韓国ワールドカップでは、南アフリカ代表チームの合宿地になり、 地元少年達とサッカー交流が人気でした。

伊賀市と南アフリカのドラッケンシュテイン市とは姉妹都市になりました。 

また女子サッカーチーム「伊賀FCクノイチ」の本拠地でもあります。

伊賀牛、伊賀豚、豆腐のでんがく、など旨い物処でもあり、日野菜の栽培は日本一です。